自動車学校ではⅯTを選択するべき理由

目次

現状

AT(オートマ車)の普及

1985年では約5割であったのに対して2000年以降は9割以上がAT車という日本。現在でもMT(マニュアル車)が主流であるヨーロッパとは対照的。

AT限定免許の割合は男性3割、女性8割でほとんどの女性がAT限定免許を取得している。

自動車学校での費用と時間の違い(普通一種免許)

技能教習の時間(1時限=50分)
MT・・・34時限
AT ・・・31時限

学科教習
MT・・・26時限
AT ・・・26時限

費用(指定自動車教習所によっては3万円程違う)
MT・・・30万円
AT ・・・28万5千円

ATとMTのメリット、デメリット

AT(オートマ車)
メリット
運転中は左手をほとんど使用しない。左足は絶対に使用しないので操作が楽。ブレーキペダル(左側)とアクセルペダル(右側)のみの遊園地のゴーカートの様な物で身長さえクリアすれば小学生でも運転できる程簡単(遊園地のゴーカートと違うのはブレーキペダルも右足で操作する。)なので退屈で眠くなりやすい。
AT教習を受けたことがない世代(現在の高齢者)は左足でブレーキを踏むという独自の運転方法を勝手に行っている人もいるが危険極まりないのでやめたほうがいい。

デメリット
同じ車でもAT車は一般的に車体価格が高く燃費が少し落ちる。
バッテリー上がりの場合の押し掛けが出来ない。
ハンドル部分にパドルシフトがついていてマニュアル感覚でシフトチェンジができて楽しいという販売員がいるが、電子制御でエンジン回転数によって勝手にギアが変わったりするしギアチェンジのタイムラグも大きい。
実際は長い下り坂のエンジンブレーキとして使用する以外には思いつかないので過度な期待はしてはいけない。

ギアチェンジを楽しみたいのであれば絶対にマニュアル車を購入するべき。

MT(マニュアル車)
メリット
燃費が良い。クラッチ操作が必要なので高齢者等ペダルの踏み間違えによる急発進が少ない。押し掛けが可能。
車を操作している感がありとにかく楽しい。
デメリット
ペダルが3つ。(左側 クラッチ 中央 ブレーキ  右側 アクセル)
クラッチペダルは左足で操作。ブレーキとアクセルペダルは右足で操作するため足が忙しい。
特にMT車にしかないクラッチペダルの扱いが難しい。左手で操作するギアも速度や道の勾配に合わせて切り替える必要があるので忙しい。

車好きは絶対的にマニュアル車支持者が多い

MT(マニュアル車)は操作している感が圧倒的にあるので楽しい。スポーツカーや4輪駆動車などを存分に楽しみたいのであればMT車を購入する方が後悔はしないであろう。

車を購入した後もカスタムするも良し。ノーマルで楽しむも良し。
さらに言えば人気漫画で登場するスポーティーなMT車は20年もすると中古車でも稀少車として価格が急上昇する可能性があるのでグレードもそこそこの物は欲しいところ。

女性はAT車限定免許しか持っていない可能性がある上にMT免許を持っていても運転をしたがらない場合が多いので彼女や奥さんと車を共有する時間が多ければ2人で相談した方が良さそうです。旦那が街で酒を飲んだ後に運転をしてくれる優しい彼女や奥さんのことも考えておく。

MT車免許を出来るだけ簡単に取得するには

自動車学校では費用的にも時間的にも追加教習は避けたいところです。

だからと言って簡単に合格させる学校を選ぶのも後々の運転技術にも問題が出るし事故の原因にもなりますからね。

自宅でのイメージトレーニングの効果は絶大

実際に私が行った事ですが、非常に効果的で教習もスムーズにいった方法は、ズバリ 自宅での運転イメージトレーニングです。

自動車学校に通う1ヶ月前から行っておくと追加教習の可能性も減るし費用の面でも良いですよ。

自宅の椅子に座って自動車のシートに座っていると想像しながら発進からギアチェンジ、坂道発進など あたかも運転席に座って操作しているように手や足を動かして何度も身体で覚えます。

MT車の場合はギアチェンジの時にアクセルを戻してクラッチを踏んでギアを入れてクラッチを戻しながらアクセルを踏むという流れの動作を自然に出来るまで何度も行う。

ドライブをしているかのように発進1速から5速まで順番に入れて加速する動作をしながら街の中や山を運転イメージトレーニングを行います。

ギアチェンジ(シフトアップ、シフトダウン)をあまり意識せずにスムーズに行うことで出来るようになったらOKです。

当然、交差点を曲がる前にはブレーキを踏んで減速をしてギアを2速に入れてきちんと曲がる動作を行いましょう。

詳しい運転方法はyoutubeで検索すればたくさん出てくるので好きな動画を参考にすると良いでしょう。

毎日10分でも1ヶ月行うだけでもかなり違います。

贅沢を言えば自動車の構造を知るべき

私が中学生の時には男子生徒は技術の授業で自動車のエンジンの仕組みについての授業がありましたが、今は無いみたいですね・・・。

車がガソリンを燃料にしてどうやって動いているのか知らない人も多く特に女性には難しいでしょうね。

ただ、エンジンで発生した回転動力をどのようにしてタイヤに伝えているのかを大まかにでも理解できればMT車を運転するにあたって大変役に立ちます。特にクラッチの仕組みを理解しておくこと、クラッチペダルを踏むことでどの部分がどのように動くのかを知る事は重要です。

坂道発進での半クラッチやバッテリー上がりの時に車を押してエンジンを掛ける押し掛けなどは言葉で理解するよりもクラッチやギアの動きを理解していれば「何だーそういう事か。」と簡単にわかります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる