就寝前にこの世の中の構造がどうなっているのかを考えるのが好き

私は文系の人間なのですが高校のときの物理に少しばかり興味がありまして、実用的な計算ができる人にあこがれていました。

子供のころは洋画SFだとかを見ていると優秀な宇宙飛行士が宇宙ロケットトラブル時に手動計算で落下速度や到達時間などを瞬時に計算して大気圏再突入の計算をしているのをみてかっこいいなーなんて思ったものです。(実際はできるわけないかもしれませんが・・・)

個人的には世界中で最も頭がいいのは物理学者や数学者だと思ってます。

記憶力が人より少しいいだけで世間的には「頭がいい。」などど尊敬されることが多い世の中ですが、記憶や情報の蓄積が評価されるだけの社会はつまらないですよね。

考え想像しながら論理的に展開していくことの楽しさは企画部署や商品開発部署だけの特権なのでしょうかね。

一日の仕事が終わって自宅に帰り風呂、食事を済ませてyoutubeの真実の目を視聴する。

「おもろすぎ。」

影響受けて就寝前に世の中や宇宙のしくみについて考える。

はたまた人間の生きている意味はなんだ・・・。とか哲学的なものにまで発展して・・・当然答えが出るわけもなく寝ます・・・。

考え方を人間基準にするとダメですな。だってモグラは目が見えないので彼らが知る世界は視覚的には真っ暗。自分がどういった姿なのかも分からないのですよ。

逆に考えると、人間には感知できないもの(見えないもの)もあるのではないか・・人間はそんなに全能で特別な生き物ではないはず・・・。とか考えだすと、4次元だの5次元だのこの世が仮想現実だとかいう考えも面白い。

「我々は誰かの脳の中にいる」とかいう動画も視点がかわっていて興味がわきました。

皆さんもよかったら youtubeの真実の目 とかいうチャンネルを見てみてください。

まあ私のような変わり者しか見ないのかもしれません。

皆さんが普通と思っていることや自分基準で考えていることや地球基準で考えていることが実は小さい世界だけの法則かもしれませんからね。

宇宙の果ての果てのそのまた果てはどうなっているのか?時間とは何なのか?とか答えのでない問題を考えながら今日も寝ますw。(学者のように難しい公式もわからないし計算もできませんがワクワクします)


nonb2
最近、自分が何者なのか分からなくなってきている節があります。トランスジェンダーのような気もするが・・・。間違いなく男として生まれてきているのですがね・・・・。