ライダーにレザーグローブは必須

目次

JRPの 51-G005 1951Rider

グローブと言えば冬だけだと思っている人は甘いです。
確かに防寒の意味ではそうかもしれませんが転倒時の怪我を考えると通年しておくべきアイテム。

冬用や3シーズン用 ショート、ロング等各メーカーから色々なタイプが でており値段も高い物は3万円以上するうえに2~3年は使用するので慎重に選びたいものです。

個人的には1万円~2万円のレザータイプの手首まで覆うロングタイプが欲しかったのですが・・・。

今現在 ほとんどのメーカーがナックル部分を強化したゴツゴツしたタイプばかりで昔のような自然なデザインのレザータイプ(ファーストギアのようなナックル部分に横に線が入ったゴツゴツしていないのデザイン)が少なく残念に思います。
流行や機能性を求めるばかりに偏ったデザインのグローブが多いのは仕方がないのでしょうかね。

youtubeのモトブログは手軽に出来る上にネタにも事欠かないので流行っているようです。皆さん手元に映っているグローブはやっぱりゴツゴツ系が多くて昔人の私からすれば少し滑稽な感じもします。うーむ、このままいけばあと100年もすれば北斗の拳の雑魚キャラが乗っているバイクやファッションが流行るのかもしれません。(んなバカな)

日本製という響きに弱い私が購入したのは JRP

南海部品にグローブを見にいきました。パッと見て「ああっ!これはいい。」と一瞬思うのですが手首の部分に妙なデザインのチャックやベルトがついていて買うのをためらってしまいます。

結局、JRPの 51-G005 1951Rider  というものを購入。

パッケージに貼ってある 香川産 Made in Japan 洗える革 天然素材100% というシールに誘惑されたのもありますが1,1000円という高くも安くもない 価格帯が妙な安心感を抱かせレジに直行。

絶対に失敗したくないサイズ選び

MサイズかLサイズで迷いました。グローブをはめた感じではMとLの中間のサイズがあればよかったのですが・・。

結局Lサイズにしました。

私は指が長くて細いので指の横幅にややダボ付きはあるのでフィット感は今一つ。メンズグローブでももう少し指が細いタイプの物を販売してほしいな。

レビュー

感想
  • 手首の1951がカッコイイ。
  • ショートタイプの手首マジックテープ止めなので親指の付け根の穴から多少 風は入ってくる。
  • 厚さ1.5mmのオイルドレザーはしっかりしている。
  • 外縫いなのでレバー操作に違和感がある。
  • 大人しいデザインなのでバイク以外でも普段用にも使えるかも?

後で気付きましたが グローブには外縫いと内縫いがあるんですね。個人的には このタイプで内縫いのほうがよかった。
でも総合的には満足しています。

ネットでは半額?

自宅に帰ってから何となく同じ商品(型番号で)検索してみると4,712円(税込み)で販売してあるサイトを発見。
「おいおい。これって元値いくらやねん?」

やっぱり店舗で購入する場合はグローブに限らず 何でも いったん 現地でスマホで調べるべきでした。
ここまで価格差があるとは思わなかったので油断してました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる