映画「ラブ・アゲイン」はラブコメファンでなくても観るべき

評価4.5は伊達じゃない

久しぶりにU-NEXTのギフトカードを購入して映画視聴してみる気分になりました。

ギフトカードは2000円もするのでまともな最新映画を1本観るか旧作品を複数みるのかという選択になりますが私は後者のほうですね。

いままで見過ごしていた良作品を複数視聴できるのは、数打ちゃ当たるの精神でもあるのです。

今回はラブコメディの「ラブ・アゲイン」を視聴。

感想を言えば「大変面白かったですね。」

普段はラブコメなんてほどんど見ないのですが、エマ・ストーン(ハンナ役)が出演しているということだけでも見る価値はありました。

上目づかいになったときの目の大きさは少し現実離れしているようで怖いものもありますが、スタイルもいいですし何といっても表情豊かで美人と可愛いの融合はまさに無敵状態。

ライアン・ゴズリング(ジェイコブ役)

作中では遊び人としての立ち振る舞いカッコ良かったジェイコブのほうが主人公よりも魅力的な気がしました。

まあ、毎回バーで女性をナンパしていると店側からは、よく思われないでしょうが・・・・。

絵にかいたような紳士的なプレイボーイっぷりがよかったですね。

自分を変えたい人へのメッセージにも受け取れる

愛の形は多くあれども、それぞれの立ち位置からまっすぐに向かう姿勢は賛同できました。

この映画を見てから、今までは飲みに出歩かなかった人も積極的になれるかもしれません。

お金と時間に余裕がある人はこんな生活をしているのでしょうかね。

少しうらやましいような気もします。

映画の内容については一切触れませんが、個人的に最近見た映画の中ではかなり上位に入る作品でした。

よかったらシェアしてね!